週刊エコノミスト Online編集後記

岡田英/浜條元保

    編集部から

     5月の大型連休に家族で神戸市に旅行した。改元に伴う10連休で市街地のホテルはどこもいっぱいで、初めて民泊を利用した。

     場所は、中心部の三宮から電車で10分ほどの同市長田区の住宅地。2階建て住宅の1階部分を民泊用に改装した部屋はきれいで広々としており、1歳の娘は走り回って喜んでいた。洗濯機・乾燥機もあり、持っていく荷物も少なくて済んだ。

     周辺は長屋や町工場が立ち並ぶ下町風情のある地域で、お好み焼き屋の激戦区。「そばめし」の発祥地でもあるという。熱々の鉄板の上で、甘辛い「どろソース」を絡めて食べたその味は格別だった。

     中心部のホテルに泊まっていたら、おそらく足を運んでいなかっただろう。中心市街地や観光地じゃなくても、魅力的なスポットはある。民泊は、思いがけない観光資源に出会う機会になり得ると思った。

    (岡田英)

     自国の通貨を発行し、借金ができる国は、財政赤字を気にせずに歳出を増やせる、という「現代貨幣理論(MMT)」が、内外の論壇をにぎわせている。毎年、財政赤字を垂れ流し、歳出を膨張させている日本は、その実践国との指摘も。

     経済全体の需要が供給を下回る間は、政府が支出を増やすべきとする財政拡張派にとってMMTは、「待ってました」と飛びつきたくなる理論だろう。が、危うい。不人気な財政再建を棚上げする政治家の口実に使われかねない。消費増税など必要ないといったポピュリズム(大衆迎合主義)と結びつきやすいだろう。

     将来世代に付け回す借金で、潜在成長率を高める中身の濃い支出であればいいが、平成30年余りを振り返れば、何とも心もとない。「現代版打ち出の小づち」は、存在しないことを次号(6月17日発売号)でお届けする。

    (浜條元保)

    次号のエコノミスト

    6月25日号 6月17日(月)発売

    浮かぶ地銀 沈む地銀

    稼ぐ力・コスト力・不動産向け融資比率で斬る

    原書で読み解くMMT(現代貨幣理論)

    都合により変更する場合があります。

    電子書籍「週刊エコノミスト ebooks」をアマゾン、楽天koboなど電子書店で販売中。

    週刊エコノミストのご購読は、定期購読がお得です。

    1年(49冊) 27,300円 17%OFF

    2年(98冊) 51,500円 22%OFF

    3年(147冊) 65,000円 34%OFF

    ★料金には、送料、消費税が含まれています。

    ★定期購読およびバックナンバーのお問い合わせは営業部TEL03-6265-6941へ

    フェイスブック、ツイッターは随時更新

    https://www.facebook.com/economistweekly

    https://twitter.com/EconomistWeekly

    ◎記事内容のお問い合わせ

    編集部 TEL03-6265-6743

    ◎広告掲載

    毎日新聞出版 広告部 TEL03-6265-6942

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット