経済・企業海外企業を買う

福寿園国際集団 中国の大手墓地販売・葬儀会社=富岡浩司/242

    福寿園国際集団はデザインを重視した墓標など斬新な墓の形も提案する。写真は同社のホームページ
    福寿園国際集団はデザインを重視した墓標など斬新な墓の形も提案する。写真は同社のホームページ

     ◆Fu Shou Yuan International Group

     中国の福寿園国際集団は、霊園・墓地の販売や葬儀の運営などを手がける大手企業だ。1994年に上海で設立された。2018年12月期の売り上げ構成は、霊園事業が全体の86.4%、葬儀事業が12.0%、その他サービスが2.6%を占める。

     霊園事業の中心は、墓地の販売だが、霊園や墓地の管理、宗教関連品の販売や食事の提供などといった参拝者へのサービスもする。一方、葬儀サービスは、宗教に応じた葬儀式典、司祭や僧侶などの手配から、お供え物や花束などの用意まで幅広く手がける。

     福寿園はこれまで安定的に成長してきた。売上高は12年12月期の約4.8億人民元(約77億円)から1…

    残り2595文字(全文2911文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット