教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第48話=板谷敏彦

    挿絵・菊池倫之
    挿絵・菊池倫之

     ペルー・カラワクラ銀山が廃坑であることを知り事業の損切りに奔走する是清。その間、日本では後ろ盾となる前田正名が農商務省内の権力基盤を失い、廃坑の報も届いていなかった。

     明治23(1890)年6月5日、ペルーからの帰り、横浜から新橋へと行く汽車の中、前田は是清に代わる者として山田直矢という鉱山技師をペルーへと送り込み、その山田は既にサンフランシスコに到着したという。

    残り2583文字(全文2767文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット