教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第48話=板谷敏彦

    挿絵・菊池倫之
    挿絵・菊池倫之

    (前号まで)

     ペルー・カラワクラ銀山が廃坑であることを知り事業の損切りに奔走する是清。その間、日本では後ろ盾となる前田正名が農商務省内の権力基盤を失い、廃坑の報も届いていなかった。

    第48話 一大馬鹿

     明治23(1890)年6月5日、ペルーからの帰り、横浜から新橋へと行く汽車の中、前田は是清に代わる者として山田直矢という鉱山技師をペルーへと送り込み、その山田は既にサンフランシスコに到着したという。

    残り2568文字(全文2767文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月3日号

    勝ち残る 消える 大学16 中小私大の「大量淘汰」前夜 日大7校分の学生が消える ■中根 正義19 米一流大学の財務戦略 世界トップの競争力支える寄付と基金 ■片山 英治20 全国大学再編マップ 「1法人複数大」で統合進む ■木村 誠25 インタビュー 仲谷善雄 立命館大学長「日本語だけでは通用せず [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット