教養・歴史アートな時間

映画 ニューヨーク 最高の訳(ワケ)あり物件=野島孝一

    (c)2017 Heimatfilm GmbH + Co KG
    (c)2017 Heimatfilm GmbH + Co KG

     ナチス戦犯裁判にかかわった女性哲学者ハンナ・アーレントの人生を映画化し、日本でもヒットさせたマルガレーテ・フォン・トロッタ監督が、打って変わってニューヨークを舞台にした女性同士のせめぎ合いを軽いタッチのコメディーにした。

     ニューヨークの超高級アパートで暮らすモデルのジェイド(イングリッド・ボルゾ・ベルダル)は、ファッションデザイナーとして初のコレクションの準備に追われている。ところが、スポンサーでもある夫のニック(ハルク・ビルギナー)が突然離婚を通告。途方に暮れるジェイドの前に、前妻のマリア(カッチャ・リーマン)が現れ、家の権利の半分は自分のものだと主張して居座ってしまう。マリアにはニックとの間に2人の子があったが、若いジェイドに夫を奪われ、ドイツで暮らしていた。

     ところが今回はニックが若いモデルに夢中になり、ジェイドを捨てる番になった。因果は巡る。1軒のロフトで共同生活をするようになったジェイドとマリアは、まるで正反対の性格。好みがまるっきり違うので、例えば自然主義者のマリアは、冷蔵庫から冷凍食品などを全部捨てて、野菜と果物に入れ替える。飾ってある大きな抽象画をマリアが動かそうとすると、怒り心頭に発したジェイドが元に戻す。絵はあっちに行ったり、こっちに来…

    残り657文字(全文1194文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット