教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第55話=板谷敏彦

徳富蘇峰
徳富蘇峰

(前号まで)

 是清の日銀西部支店長就任から約5カ月、朝鮮の親日活動家金玉均の暗殺事件をきっかけに日清関係が緊迫する。日本軍は朝鮮王宮を攻撃し清国派を追放、日清戦争が始まった。

第55話 広島大本営

 日清戦争開戦当時の大蔵大臣は諏訪高島藩出身の渡辺国武、次官には田尻稲次郎、主計局長が松尾臣善、主計官が阪谷芳郎であった。

 開戦にあたって大蔵省は日清戦争の軍事費を期間別に3案想定した。(甲)戦争期間半年、5000万円、(乙)1年、1億円、(丙)1年半、1億5000万円の三つである。

残り2612文字(全文2851文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事