週刊エコノミスト Onlineエコノミストオンライン

セブン、沖縄単独進出の勝算 ファミマ、ローソンは地元密着=松崎隆司

    オープン初日、レジに買い物客が列を作った那覇松山1丁目店(セブン−イレブン・ジャパン提供)
    オープン初日、レジに買い物客が列を作った那覇松山1丁目店(セブン−イレブン・ジャパン提供)

     7月11日午前7時、沖縄に初上陸したセブン─イレブン・ジャパンの14店舗が一斉にオープンした。図らずもこの日は「セブン─イレブンの日」。セブン─イレブンにとって特別な日だった。

     連日の報道で沖縄県民の関心は高く、初日はいずれの店も客が殺到。本部のある那覇松山1丁目店ではピーク時には200人の列ができ、一時は入場制限したほどだ。セブン─イレブンの広報担当者は「セブンプレミアムの金の食パンはすごい人気で、飛ぶように売れていた。7月20日と8月8日にも相次いで出店し、すでに16店舗になった」と話した。

     セブン─イレブン・ジャパンの古屋一樹会長とセブン─イレブン・沖縄の久鍋研二社長が沖縄県庁の玉城デニ…

    残り2328文字(全文2629文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット