国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク 名物の屋台の規制緩和へ=冷泉彰彦

    街角にある屋台。気軽に利用できる(筆者撮影)
    街角にある屋台。気軽に利用できる(筆者撮影)

     軽食を販売する屋台が街に並ぶ様子は、ニューヨークではおなじみの光景だ。コーヒーやホットドッグ、サンドイッチといった定番メニューから、ベーグルやプレッツェル、ケバブやタコスなど多国籍フードも充実。花屋や八百屋もある。この屋台を巡って、民主党のジェシカ・ラモス州上院議員が10月末に屋台の数の上限の撤廃を求める法案を提出し、話題となっている。

     屋台の営業には許可証が必要で、屋台の数は現在4000を上限に規制されている。しかし、ラモス議員によれば、実際に営業を行っている屋台の数は上限を大きく上回っており、1000以上の違法屋台が存在するという。また、約半数の屋台を女性が営業しているが、女性が店主の場合、嫌がらせや暴力被害などがある。こうした被害から女性店主を守るためにも、違法ではなく屋台の合法化が必要だとする議論もある。

    残り132文字(全文494文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット