国際・政治ワールドウオッチ

カリフォルニア 住宅高騰でホームレス増加=土方細秩子

カリフォルニア州のホームレスは13万人を超えた(Bloomberg)
カリフォルニア州のホームレスは13万人を超えた(Bloomberg)

 カリフォルニア州では住宅価格の高騰とそれが原因とされるホームレスの増加が社会問題化している。シリコンバレーを中心とする巨大IT企業に高給取りの人材が集中したことが住宅市場に影響したとみられる。

 事態を受けて、今年に入りグーグル、フェイスブックは中低所得者向け住宅建設などにそれぞれ10億ドルを投じると発表。11月にはアップルも25億ドルの出資を表明した。

 アップルが出資する25億ドルの内訳は、低所得者向け住宅建設のための基金に10億ドル、カリフォルニア州で初めて住宅を取得する人のための支援に10億ドル、残りの5億ドルはアップルが所有する北カリフォルニアの土地を住宅建設用に寄付するほか、ホームレス救済団体などへ寄付する。

残り187文字(全文500文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事