経済・企業世界経済総予測 2020

日本の経営者はこう見る 2020年世界経済の注目点=井上亮

井上亮 オリックス社長兼グループCEO
井上亮 オリックス社長兼グループCEO

 ◆井上亮 オリックス社長兼グループCEO

2020年の注目ポイント

 (1)東京五輪後の不動産マーケット

 (2)各国の金融政策、為替動向

 (3)米大統領選と米中貿易摩擦

 国内不動産マーケットは活況だが、2020年東京五輪・パラリンピック後に調整局面は来るのかどうか。また、建設工事やインフラの改修工事などで人手不足やコスト上昇にどのように対応するか、に注目している。

 世界各国の金融政策とマネーの動向、為替相場の方向性次第では、海外投資家や訪日外国人観光客の行動も影響を受ける。海外では、11月の米大統領選が注目テーマになる。選挙結果のみならず、選挙前のトランプ政権の政策動向が世界の政治、外交、経済へ与える影響を注視したい。

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事