国際・政治東奔政走

「不都合な事実」に向き合わぬ政権 根拠なき楽観に漂う閉塞感=人羅格

    ”疑惑”には背を向けたまま(国会内で1月24日)
    ”疑惑”には背を向けたまま(国会内で1月24日)

     新型肺炎への対応に政府が追われる中、通常国会の論戦が本格化した。

     安倍晋三首相は「桜を見る会」の名簿問題を巡り、野党が求める再調査を拒み続けた。「一方通行国会」の様相である。

     ここで、政治的に影響を及ぼし始めたのが、中国での新型肺炎の感染拡大である。

     日本での感染阻止は一種の危機管理だけに、政府が対応を誤れば、政権を揺るがす事態となりかねない。一方で、野党の疑惑追及の注目度を相対的に低くする可能性もある。

     それにしても、東京五輪への期待感ばかりが浮き立った国会冒頭、首相の施政方針演説だった。半世紀ぶりの…

    残り1684文字(全文1939文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット