国際・政治ワールドウオッチ

ロサンゼルス ウーバーが空飛ぶタクシー=土方細秩子

    CESで発表されたS-A1(筆者撮影)
    CESで発表されたS-A1(筆者撮影)

     米配車サービスのウーバー・テクノロジーズは、2023年に導入を予定している空飛ぶタクシーのコンセプトモデルを、ラスベガスで開催された世界最大のエレクトロニクス見本市CESで発表した。韓国の現代自動車の航空部門が手掛けた4人乗りの小型航空機S-A1だ。電動の八つのプロペラを使って上昇、飛行する。今年中に飛行試験を行う予定で、すでに発着所の準備を進めている。

     運航はまずロサンゼルス空港周辺で開始し、空港から50キロほど離れたロサンゼルス北部地域まで乗客を運び、その後地上の配車サービスで自宅などの最終目的地まで送る。料金は導入後数年は100ドル前後になるが、サービスが定着し空飛ぶタクシーが大量発注できるようになれば、地上の配車サービスを使うよりも安価で提供できるという。

     ウーバーは現代の他にも複数の企業に空飛ぶタクシーの製造を依頼しているが、実際に形あるものとして紹介されたのはこれが初めて。ロサンゼルスに続いてテキサス州ダラス、オーストラリアのメルボルンでも導入が計画されており、空飛ぶ車が世界中で見られるようになるかもしれない。

    (土方細秩子・ロサンゼルス在住ジャーナリスト)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事