【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史アートな時間

舞台 十三世片岡仁左衛門二十七回忌追善狂言 菅原伝授手習鑑=小玉祥子

菅丞相(菅原道真)を演じる片岡仁左衛門 撮影/福田尚武 写真提供/松竹
菅丞相(菅原道真)を演じる片岡仁左衛門 撮影/福田尚武 写真提供/松竹

十三世が得意とした菅丞相 初演から25年、当代が再び挑む

「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」は「仮名手本忠臣蔵」「義経千本桜」と共に歌舞伎の三大名作と呼ばれる人気作品だ。平安時代前期の政治家、菅原道真の失脚を素材に人形浄瑠璃として延享3(1746)年に初演され、後に歌舞伎に入った。

 東京・歌舞伎座の「二月大歌舞伎」の昼の部では「十三世片岡仁左衛門二十七回忌追善狂言」として「菅原伝授手習鑑」の「加茂堤」「筆法伝授」「道明寺」が上演中で、十三世の三男の現・仁左衛門が菅丞相(かんしょうじょう)(道真)をつとめている。

 道真は学者として知られ、右大臣になるが、左大臣藤原時平らの陰謀で失脚。配所の大宰府(福岡県太宰府市)で没した。後に冤罪(えんざい)とわかり、失脚に関係した人々に不幸が続いたことから神としてまつられ、今日まで天神様として敬われている。

残り884文字(全文1267文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事