【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治ワールドウオッチ

チリ 混迷続く大規模デモ=佐藤竣平

平穏を取り戻したラスコンデス区(筆者撮影)
平穏を取り戻したラスコンデス区(筆者撮影)

 昨年10月、首都サンティアゴの地下鉄料金値上げを起因とし、国内の経済格差に不満を抱える国民によって先導された大規模な反政府デモは、現在も終息の兆しが見えない。

 政府はデモの要求に呼応する形で、年金制度改革、失業対策、新憲法制定プロセスの明確化などに苦心しているが、いずれの対応も国民から高い評価は得られていない。民間調査会社カデムが今年1月中旬に実施したアンケートによれば、ピニェラ大統領の支持率は10%、不…

残り308文字(全文513文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事