国際・政治ワールドウオッチ

チリ 混迷続く大規模デモ=佐藤竣平

    平穏を取り戻したラスコンデス区(筆者撮影)
    平穏を取り戻したラスコンデス区(筆者撮影)

     昨年10月、首都サンティアゴの地下鉄料金値上げを起因とし、国内の経済格差に不満を抱える国民によって先導された大規模な反政府デモは、現在も終息の兆しが見えない。

     政府はデモの要求に呼応する形で、年金制度改革、失業対策、新憲法制定プロセスの明確化などに苦心しているが、いずれの対応も国民から高い評価は得られていない。民間調査会社カデムが今年1月中旬に実施したアンケートによれば、ピニェラ大統領の支持率は10%、不…

    残り308文字(全文513文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット