教養・歴史アートな時間

映画 スウィング・キッズ 鮮やかなダンスと成長の陰で運命に翻弄される若者たち=寺脇研

監督・脚本 カン・ヒョンチョル 出演 D.O.(EXO) 、ジャレッド・グライムス、パク・ヘス 2018年 韓国 シネマート新宿ほか全国順次公開中
監督・脚本 カン・ヒョンチョル 出演 D.O.(EXO) 、ジャレッド・グライムス、パク・ヘス 2018年 韓国 シネマート新宿ほか全国順次公開中

 タップダンスのシューズが並び、主人公2人の踊る躍動感が伝わってくる図柄のポスターといい、みごとな群舞場面が連続する予告編といい、華やかなダンス映画を予感させる。まして、日本でもヒットして『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(2018年)としてリメイクされた、あの楽しい音楽映画『サニー 永遠の仲間たち』(11年)のカン・ヒョンチョル監督が手がけたとあれば、期待はさらに高まる。

 実際、アジア全域で大人気のK─POPグループEXOのメインボーカルD.O.と、ブロードウェイ最高のダンサーとされる俳優ジャレッド・グライムスが見せるタップダンスの迫力は満点だ。2人と共にチーム「スウィング・キッズ」に加わる3人、振り付けに才能を発揮する中国人、民族舞踊に習熟した北朝鮮人男性と語学力で皆のコミュニケーションを支える韓国人娘も個性豊かで、最初はへたくそでチームワークも悪かった連中がみ…

残り756文字(全文1144文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事