教養・歴史書評

新型ウイルスの脅威の下 カミュの傑作『ペスト』を再読=本村凌二

     歴史家の叙述は面白くないと難じられることがある。専門研究者として事実叙述は正確であっても、読者に感興を起こさせない。迫真ある現実を感じさせないのだ。

     20世紀文学の最高傑作の一つに、私なら、アルベール・カミュ『ペスト』(新潮文庫、750円)を挙げる。アルジェリアのオラン市で血を吐きながら、鼠(ねずみ)が死んでいく。なにか奇怪な疫病の前兆だった。医師リウーはそれがペストであることに気づき、孤独な戦いが始まる。市の役人たちがペストの真偽を議論しているうちに、病気は広がり、死者も続出する。リウーは友人タルーにすすめられ、私設衛生班を組織する。ペストは西洋から姿を消したはずだから、すぐに過ぎ去る悪夢にすぎないとしか思えないのだ。

     ところが、患者と家族は隔離され、市門も閉じられ、外部と遮断される。目前の悲惨な運命と戦っていても、神父パヌルーにとって「ペストは信仰なき人間への神の刑罰」にすぎないという。だが、無垢(むく)な幼児が死んでしまい、神父も見方を変え、リウーに協力するようになったが、その神父もペストの犠牲になった。

     パリから来ていた新聞記者も愛妻の待つ都に脱出しようとしたが、外部との交通が絶たれており、献身的な衛生班に協力するようになる。同志の数は増え、人間相互の共感が結束の力を生んだのだ。だが、その共感の大切さを教えていたタルーもペストの犠牲になる。その日、転地して持病を療養していた妻の死が夫リウーのもとに届いた。

     やがて、ペストの猛威も衰え、ついには終息した。市門も開かれ、花火が上がり、人々は歓喜する。だが、リウーにはこの喜びも常に危険にさらされているとしか思えなかった。

     中国で始まった新型肺炎のコロナウイルスの災厄が、日本にも飛び火して、すぐには衰えそうにない。

     カミュの本書は歴史書ではないが、今ひもとくと現実が真に迫っているかのように感じられる。学生時代に読んだ傑作を思い出しながら、高度な文明の現代だが、その足元がいかにもろいものかを改めて思い知らされた気がする。

    (本村凌二・東京大学名誉教授)


     この欄は日本史、西洋史、現代史、中国史の各分野で掲載します。

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事