国際・政治東奔政走

場当たり的な首相の新型肺炎対応 「後手批判」に焦り=人羅格

    小中高校の臨時休校要請は、政府内の慎重論も押し切った判断だった(首相官邸で2月29日)
    小中高校の臨時休校要請は、政府内の慎重論も押し切った判断だった(首相官邸で2月29日)

     新型コロナウイルスの感染拡大が安全、生活、経済を脅かしている。「安倍官邸」の不安定感が、正念場の対策に影を落とし続けている。

     結局、精神論の域を出なかった。2月29日、安倍晋三首相がこのテーマで初めて臨んだ記者会見の印象である。

     感染拡大防止へ国民の協力を「深く願う」と頭を下げた。唐突だった全国小中高校に対する一斉休校要請については「断腸の思いだった」と述べ、政治責任を負うと強調した。

     だが、国内感染がどんな状況にあり、政府が終息に向けてどんな戦略を描いているかをデータを踏まえ、論理的に説明する姿勢は感じられなかった。

     会見の大部分は首相の冒頭発言で、質問は数問で打ち切られた。準備したような回答が繰り返され、やがてNHKでは岩田明子記者の解説が始まるお定まりのパターンだった。

    残り1640文字(全文1983文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット