教養・歴史アートな時間

クラシック ワーグナー 楽劇 トリスタンとイゾルデ (演奏会形式・字幕付) 2週連続上演=梅津時比古

     新型コロナウイルス感染の危険性が高いとして、大規模な集まりの自粛要請が政府から出されたことにより、コンサートのほとんどが相次いで中止または延期されている。諸外国でもさんざん言われているように、これは「戦争以来のこと」だろう。評者を含めて戦後生まれの人たちは、おそらく生まれて初めて「コンサートのない生活」を送っているのだ。文化的にも、経済的にも、これは大打撃である。このまま続けば、オーケストラもマネジメント会社もつぶれかねない。

     ここで推奨するコンサートも夏ごろまでのものは、果たして開かれるかどうか分からない状況である。

    残り1040文字(全文1303文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット