教養・歴史書評

『水道、再び公営化!』 岸本聡子著 集英社新書 820円

    『水道、再び公営化!』 岸本聡子著 集英社新書 820円

     改正水道法の施行で、水道事業を民営化しやすくなったが、世界では33カ国で、267の民営水道事業が再び公営化に転じたという(2018年調査)。その代表例のパリ市では、料金高騰や不透明財務などの問題で、10年に再公営化された。公営化後、組織簡略化を進め、株主配当、役員報酬、納税の負担が消え、収益が改善したという。著者は、英国、スペインなどの例も取り上げながら、日本でも水道民営化に疑問の声をあげる市民の動きを伝える。(T)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット