教養・歴史書評

『段落論 日本語の「わかりやすさ」の決め手』 石黒圭著 光文社新書 820円

『段落論 日本語の「わかりやすさ」の決め手』 石黒圭著 光文社新書 820円

 文章とは書き手から読み手への情報の引っ越しであり、段落という箱に積み込めば効率的に伝えられる──。日本語研究の第一人者が分かりやすい文章作成に必要な独自の“段落論”を展開。仕組みや存在意義を丁寧に説明し、「冒頭の接続詞を有効に使う」など心掛けるべき点を詳細に指南。読み書きの時だけでなく話す際にも段落の考え方を意識すれば思考が整理され、より聞き手に内容を伝達できるという。まさに目からうろこが落ちまくり。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事