国際・政治論壇・論調

ロックダウン続く欧州 緩和時期や条件巡り激論=熊谷徹

    制限緩和をめぐり各国の判断が注目される(車通りがほとんどないベルリン市内)(Bloomberg)
    制限緩和をめぐり各国の判断が注目される(車通りがほとんどないベルリン市内)(Bloomberg)

     3月から経済・社会のロックダウン(都市封鎖)が続く欧州では、国民経済への悪影響などを最小限にするための「出口戦略」について、激しい議論が起きている。

     フランスの日刊紙『ルモンド』は4月13日付電子版で「マクロン大統領は、『集中治療室(ICU)などの医療資源を確保するために、外出禁止令を5月11日まで延長する必要がある。政府は、それ以降、学校の授業を再開し、多くの人々が仕事に復帰し、製造業や商業が復活できるように準備を進めている』と発表した」と報じた。

     フランスではこの日までに約1万5000人が死亡している。同紙は「ウイルス検査数を増やし、感染者を迅速に隔離しないままロックダウンを緩和した場合、破局的な事態が起こり得る」と警告している。

    残り1054文字(全文1376文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事