国際・政治

JR東海・金子社長がコロナ下強行開催のリニア有識者会議で「大ひんしゅく」

    JR東海の金子慎社長(手前左)に要望書を手渡した古田肇知事(同右)ら=名古屋市中村区で2018年11月19日午後5時7分、岡正勝撮影
    JR東海の金子慎社長(手前左)に要望書を手渡した古田肇知事(同右)ら=名古屋市中村区で2018年11月19日午後5時7分、岡正勝撮影

    政府が緊急事態宣言を発令して外出自粛などを求めた4月下旬。集団感染も疑われていた国土交通省が〝強行〞した会議が波紋を呼んでいる。

    会議はリニア中央新幹線を巡る有識者会議。

    主なテーマは南アルプスを貫く巨大トンネルを建設する影響で、静岡県の大井川の流量が減る問題だ。

    同県や流域自治体はこれまで「JR東海からの対策は県民が安心できるレベルに達していない」として着工を認めていないが、品川―名古屋間の開業が2027年に迫る中、同省が「調整役」に乗り出した。

    だが、4月27日の初会合はちぐはぐさが目についた。

    会議は感染拡大防止のため「オンライン形式」で、取材もオンラインに限られた。

    ところが、委員7人のうち4人が国交省に集まっていた。建物内にある自動車局で、感染者が相次いでいたにもかかわらずだ。

    会議の冒頭で、同省の水嶋智鉄道局長は「国民の大きな関心事項。いたずらに時間をかけるわけにはいかない」と開催の大切さを訴えた。

    だが、JR東海の金子慎社長が「あまりに高い要求を課し、着工も認めないのは法律の趣旨に反するのではないか」などと発言してひんしゅくを買う。

    責任に欠けると受け止めた県と自治体が猛抗議。国交省は後日、金子氏の発言は「会議の趣旨にそぐわず反省を促す」などと文書で注意する騒ぎになった。

    「『3密』を避けて行っている。集中的にやりたい」(同省の事務局)と急いだ会議は裏目に出た。

    静岡県の川勝平太知事は同30日の定例記者会見で、「こういう時期によくやるなと思った」とあきれ顔だ。

    東海道新幹線の大型連休の乗客は前年より94%も減った。建設自体に反対ではなかった川勝氏も「リニアが立脚している哲学『便利、速い』だけを追求していいのか」。

    オンライン会議やテレワークも急拡大するコロナ禍。リニアの意義も揺らいでいる。

    (井澤宏明)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事