教養・歴史アートな時間

映画 アメリカン・ファクトリー 米国人を大勢雇った中国企業 併用禁忌を招いたのはなぜか=芝山幹郎

    Netflix映画『アメリカン・ファクトリー』独占配信中
    Netflix映画『アメリカン・ファクトリー』独占配信中

     併用禁忌という言葉がある。代表的な例はニトログリセリンとバイアグラだが、要は、薬の飲み合わせが悪いことを指す。薬に限らず、鰻(うなぎ)と梅干、天ぷらと西瓜(すいか)のように、相性の悪い食べ物は少なくない。

    「アメリカン・ファクトリー」を見ていると、反射的に「併用禁忌」という言葉を思い出す。

     2008年12月、オハイオ州デイトンにあったGMの自動車組立工場が閉鎖され、労働者およそ1万人が解雇された。

     2年後、中国の福建省に本拠を置く〈福耀(フーヤオ)グループ〉がそこを買い取り、ガラス工場を開いて、失業中だったアメリカ人労働者を大量に雇い入れる。

    残り973文字(全文1247文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事