国際・政治論壇・論調

ロックダウン緩和後のドイツ 集団感染再発に頭を悩ます=熊谷徹

    ドイツでは商店やレストランなどが再開している(Bloomberg)
    ドイツでは商店やレストランなどが再開している(Bloomberg)

     ドイツ連邦政府は5月6日にロックダウン(都市封鎖)の大幅緩和を発表した。公共放送局「ARD」は同日、メルケル首相の「我々はパンデミック(世界的大流行)の第1期を乗り切ることに成功した。ウイルス拡大を遅らせ、医療システムの崩壊を避けるという目標を達成できた」という言葉を引用した。これ以降、商店、レストラン、ホテルなどが徐々に再開した他、5月15日以降はサッカーのブンデスリーガも無観客試合を開始。学校の授業も、教室の生徒数が一定の水準を超えない形で許可された。

     だがARDは「首相は市民に対し1・5メートルの最低距離や、商店と公共交通機関内でのマスク着用義務を守るよう要請。さらに、郡・市で直近1週間の新規感染者数が人口10万人当たり50人を超えた場合には、その地域で外出制限や休校などの措置を取る『非常ブレーキ』が導入される」と伝え、政府が警戒を緩めていない点も強調した。

    残り960文字(全文1348文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事