国際・政治ワールドウオッチ

カリフォルニア 五輪会場つなぐ交通機関建設へ=土方細秩子

    ロサンゼルス国際空港からのアクセスが向上 (Bloomberg)
    ロサンゼルス国際空港からのアクセスが向上 (Bloomberg)

     ロサンゼルスに近いカリフォルニア州イングルウッド市で、ロサンゼルス国際空港と市内三つのスポーツ施設を結ぶ新しい交通機関の建設が予定されている。このうち、SoFiスタジアムは2028年のロサンゼルス五輪・パラリンピックの開会式、閉会式の会場にも内定しており、海外からの観戦客が渋滞に巻き込まれずに移動できる公共交通の整備が求められていた。

     新路線は既存の鉄道と接続する形で空港とつながり、建設費用は約10億ドル(約1000億円)。詳細は明らかにされていないが、一部マスコミは「モノレール方式」が有力と報じている。

     SoFiスタジアムは今年7月のオープン予定で、プロアメリカンフットボールのロサンゼルス・ラムズとロサンゼルス・チャージャーズのホームスタジアムになる。また、プロバスケットボールのロサンゼルス・クリッパーズの本拠地「クリッパーズ・アリーナ」が現在建設中で、既存の多目的室内競技場と合わせた三つのスポーツ施設を新路線が結ぶ。

     ただ、新型コロナウイルスの影響で着工時期は決まっておらず、徐々に時間との勝負を迫られることになる。

    (土方細秩子・ロサンゼルス在住ジャーナリスト)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事