教養・歴史書評

『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』 熊代享著 イースト・プレス 1800円

『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』 熊代享著 イースト・プレス 1800円

 自由で快適になった社会。でも、それが成り立つのは人々が行儀良い振る舞いを身につけているから。課される秩序のハードルは上がり、はみ出した人は医療・福祉が周縁の就労へ再配置する。精神医療は個人の振る舞いをマネジメントするようになった。精神科医でブロガーの著者は、そんな精神医療の主流から抜け落ちた社会病理を本書で論じる。そして、前近代的な共同体と社会規範に取って代わった資本主義、個人主義、社会契約を見つめ直すよう問う。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事