教養・歴史書評

『サガレン 樺太/サハリン境界を旅する』 梯久美子著 KADOKAWA 1700円

『サガレン 樺太/サハリン境界を旅する』 梯久美子著 KADOKAWA 1700円

 北海道の北に浮かぶ、昔は「サガレン」と呼ばれた樺太/サハリン。1世紀ほど前、島を南北に走る鉄道に乗った林芙美子と宮沢賢治の旅程を現地で丹念に追った美しい紀行エッセーだ。“国境の島”がたどった複雑な過去と、変化に富んだ自然から2人の文学者が感じ取った心象風景を考察。特に最愛の妹を亡くして傷心の賢治が出会った沿線の印象的な景色が、童話など多様な作品に反映されていると分析した後半は非常に秀逸で楽しめる。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事