国際・政治論壇・論調

対中関与政策と決別宣言も ポンペオ演説への反発控えめ=坂東賢治

    中国への関与政策からの決別を宣言するポンペオ米国務長官(Bloomberg)
    中国への関与政策からの決別を宣言するポンペオ米国務長官(Bloomberg)

     ポンペオ米国務長官が7月23日、カリフォルニア州のニクソン大統領記念図書館で講演し、「盲目的な関与政策は通用しない」と歴代米政権が採用してきた中国との協力を政策の中心に据える「関与政策」からの決別を宣言した。

     保守派の論客、ヒュー・ヒューイット氏は『ワシントン・ポスト』紙への寄稿(7月25日)で「中国が西欧式の民主主義に進むという盲目的な期待に幕を下ろした」と歴史的意義を評価した。

     一方、『ニューヨーク・タイムズ』紙(7月27日)は「米中関係を後戻りできない地点に追いやる一押しだ」と位置づけ、「米中双方のタカ派的主張で新たな対立の時代の舞台が用意された」と批判的に報じた。

    残り1044文字(全文1334文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事