教養・歴史書評

動物学者が勧める「肉食」のアタマでは分かる強烈論理=高部知子

    ×月×日

     真っ赤な表紙、帯には「肉食は我々の義務である」と書かれている。怖いもの見たさのような、そこまで主張する根拠を知りたいような、そんな気持ちで恐る恐る読み始めてみる。『肉食の哲学』(ドミニク・レステル著、左右社、2200円)。

     最初のうちは菜食主義者やビーガン(植物性食品しか食べない完全菜食主義者)の「悪口?」とでもいうような批判的意見が並んでいるのだが、中盤から加速する。

     動物を殺すのは残酷であり保護したい、それゆえ肉食は反対という論理であるなら、あなたは犬や猫に穀物ばかり食べさせるのか? それは虐待であり、伴侶として愛していないことになるだろう、という主張あたりからグンと引き込まれていく。衝撃的な内容に気を取られ、著者プロフィールを見ていなかったのだが、巻末で確認すると動物行動学者であった。なるほどそれで、肉食を勧める言葉と裏腹に、端々に動物への愛情が感じられる…

    残り952文字(全文1343文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事