国際・政治論壇・論調

温室効果ガス55%削減 EUの30年新目標に不満の声=熊谷徹

    野心的な目標を打ち出したフォンデアライエン委員長(Bloomberg)
    野心的な目標を打ち出したフォンデアライエン委員長(Bloomberg)

     欧州連合(EU)のフォンデアライエン委員長は9月16日の演説で、2030年までに温室効果ガスの排出量を1990年比で55%減らすという新目標を打ち出した。これまでの目標(40%削減)を上回る野心的な方針については、「製造業界への負担を増やす」という批判も出ている。

     ドイツの週刊新聞『ツァイト』は、9月16日付電子版で「同委員長は、『2050年までにEUからの温室効果ガスの排出量を正味ゼロにするためには、10年先の目標値の引き上げが必要だ。この目標を厳し過ぎると考えるかもしれないが、我々が実施した経済への影響評価推定によると、55%削減は可能だ』と述べた」と報じた。

     ツァイトによると、EUからの温室効果ガスの排出量は、1990年から昨年までに約25%しか減っていない。欧州議会の緑の党の会派は「55%では不十分であり、2030年までに65%削減するべきだ」と主張している。

    残り998文字(全文1388文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事