教養・歴史アートな時間

映画 博士と狂人 70年がかりの英語大辞典 2大俳優が描く編さんドラマ=野島孝一

    @2018 Definition Delaware LLC. ALL Rights Reserved.
    @2018 Definition Delaware LLC. ALL Rights Reserved.

     これは驚くべき実話を基にしている。1928年の刊行まで、実に70年もかかったという世界最高峰の辞典「オックスフォード英語大辞典」(OED)。それを完成に導いたのは、独学で言語学博士になったイギリス人の異端の学者ジェームズ・マレーと、殺人犯のアメリカ人、ウィリアム・チェスター・マイナーだった。

    「えっ。殺人犯?」と誰しもがびっくりするが、マイナーはエール大学で医学を学び、軍医として南北戦争の北軍に従軍。脱走兵の処刑が原因で精神に異常をきたし、退役後イギリスに渡った。1872年、ロンドンで妄想にかられ、貧民街で住人1人を射殺。精神異常で保護処分になり。精神病院で終身監禁を宣告された。

     メル・ギブソンとショーン・ペンの2大スターが激突する。メル・ギブソンが演じたのは、孤高の学者マレーだ。オックスフォード大学から辞書の編さんを命じられたが、たたき上げの彼は、権威性の高い象牙の塔で孤独な闘いを強いられた。

    残り837文字(全文1240文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事