テクノロジー本当に強い バイオ医薬株

将来性に期待! バイオ医薬 注目7銘柄=和島英樹

    Bloomberg
    Bloomberg

     がん免疫治療薬「オプジーボ」が成長をけん引。がん細胞は自らを攻撃する免疫細胞「T細胞」の表面にあるたんぱく質「PD-1」に作用して攻撃にブレーキをかけているが、オプジーボはPD-1にくっつき、がん細胞のブレーキを阻害する。患者の体内に備わる「免疫」の力を利用し、がん細胞への攻撃力を高める仕組みで、2018年にノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑・京都大特別教授の理論が背景にある。

     オプジーボは14年の発売以降、高額な薬価が問題となり3度にわたって薬価が引き下げられ、売り上げはやや伸び悩んでいた。しかし、20年4~6月期の連結決算では、胃がんや腎細胞がん向けが堅調に推移したのに加え、新たに食道がんでの使用が拡大し、前年同期比9.5%増の244億円と復調している。

    残り2109文字(全文2444文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット