国際・政治論壇・論調

コロナ第2波と闘うドイツ 全国的封鎖の回避へ全力=熊谷徹

    ベルリンで窓越しに検査を行う医療従事者(Bloomberg)
    ベルリンで窓越しに検査を行う医療従事者(Bloomberg)

     欧州諸国では10月に入って新型コロナウイルスの1日の新規感染者数が大幅に増加しているが、各国政府は経済への悪影響が大きい全国的ロックダウン(都市封鎖)を防ぐための措置を取りつつある。

     ドイツの公共放送局ARDは10月14日に「ロベルト・コッホ研究所(RKI)によると、14日未明までの24時間に5132人の感染者が確認された。これはパンデミック(世界的大流行)第1波が猛威を振るった今年4月以来、最も多い数字だ。1日の死者数も、前日の13人から40人に増えた」と報じた。

     ドイツでは直近1週間の新規感染者数が人口10万人当たり50人を超えた場合、その地域はホットスポットに指定され、当局がバーの営業時間の短縮や酒類の販売禁止などの規制措置を実施する。10月14日の時点で、ベルリン、ミュンヘン、シュツットガルトなど約30の地方自治体がこの警戒ラインを超えている。一部の都市の中心部では、屋外でもマスク着用が義務づけられた。

    残り950文字(全文1362文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事