教養・歴史書評

老化は「直せる病気」? 果たして、それは幸福か=高部知子

    ×月×日

     確かに最近の人は「若くなった」気がする。還暦といえば赤いチャンチャンコと帽子を被ったお年寄りというイメージがあったが、今の60歳はどうであろう。例えば「サザエさん」に出てくるフネさんは50代前半。今の松田聖子さんより年下だ。私の父も今年80歳になったが、ジーパンにGジャン姿でソフトクリームを頬張っている。なんでこんなに今の人は「若い」のだろう。

    『LIFESPAN 老いなき世界』(デビッド・A・シンクレア著、東洋経済新報社、2400円)は世界20カ国で刊行され、日本で発売される前からかなり話題となっていた。著者は米ハーバード大学の遺伝学の教授で、老化生物学研究センター所長でもある人物。帯には「人類は、老いない身体を手に入れる」とある。

    残り1059文字(全文1384文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事