教養・歴史書評

「眩しさ」から分断国家へ 史実と実感で記す米国史=本村凌二

     戦後すぐに生まれた団塊世代の青少年時代、アメリカは輝いていた。白黒テレビシリーズの『サーフサイド6』では、マイアミビーチを舞台にリッチな若者たちが明朗陽気に活躍する。そのしゃれたムードはただただ眩(まぶ)しかった。

     古矢旬(じゅん)『グローバル時代のアメリカ 冷戦時代から21世紀』(岩波新書、900円)は、1970年代もまだ「豊かな社会」の余韻が残っており、留学中の著者は、「近いアメリカ」として感じていたらしい。

     しかしながら、そのころ、南北戦争終結から1世紀にわたる長期的変化がたどり着いた絶頂期にあって、アメリカの国家体制は大きく動揺しはじめていたのだ。80年の大統領選挙の前夜、アメリカは内政・外交のいずれにおいてもどん底だった。だが、反ソ・反共の強硬路線を走るレーガン政権は、冷戦の緊張緩和などから国民の広い支持率を集め、共和党選出の大統領へとつながった。

    残り526文字(全文911文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事