教養・歴史アートな時間

映画 燃ゆる女の肖像 肉と魂の溶け合うアムール 濃密で精緻なサスペンス=芝山幹郎

     古くさい題名と感じるかもしれないが、尻込みすると大魚を逃す。敬遠も損だ。題名の陰に力強い呪術が潜んでいる。恐るべき暗渠(あんきょ)も隠れている。深くて、優雅で、勇敢で、見る者をとんでもない場所へとかどわかしていく映画だ。

    「燃ゆる女の肖像」は、ブルターニュ沖の小島を舞台に選んでいる。時代はフランス革命が起こる少し前の18世紀後半。画家のマリアンヌ(ノエミ・メルラン)は、貴族の娘エロイーズ(アデル・エネル)の肖像画を描くため、島に渡る。娘の母親(ヴァレリア・ゴリノ)は肖像画をミラノの貴族に送り、いわゆる見合写真の代わりにしようとしている。ただし、エロイーズは描かれることを好まない。

     そうか、画家とモデルの話か。反射的にそう考えたくなるが、これを主体と客体に置き換えると、話が見え透いてしまう。監督のセリーヌ・シアマは、深みを恐れぬ大胆な足取りで、映画を迷宮の奥へと進めていく。

    残り854文字(全文1245文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事