国際・政治論壇・論調

通商政策は後戻りせず バイデン氏の対中姿勢=岩田太郎

    これまでの通商政策が変化するのか。バイデン氏の姿勢が注目される(Bloomberg)
    これまでの通商政策が変化するのか。バイデン氏の姿勢が注目される(Bloomberg)

     バイデン次期大統領の下で、米国の通商政策はどのように変化、あるいはトランプ政権時代の政策を継承するのか。「中国」「RCEP」「TPP」などのキーワードを中心に、米論壇で議論されている。

     グローバル化の専門家であり、金融大手の米ウェルズ・ファーゴでチーフエコノミストを務めるジェイ・ブライソン氏は11月11日付の経済サイト「マーケットウオッチ」で、「米国は、クリントン、ブッシュ(息子)、オバマ歴代政権の通商政策に後戻りすることはない。バイデン次期政権の対中姿勢はトランプ政権と比較してヒートアップしないだろうが、中国に対して懐疑的な態度を取るだろう」と予想した。

     また、米商務省国際貿易局の元高官で、現在ジョージタウン大学で教鞭(きょうべん)を執るチャールズ・スキューバ教授は同記事で、「バイデン次期大統領が(トランプ大統領の課した)対中関税を就任後すぐに引き下げるのは、現実的ではない。関税を(市場開放、国有企業への優遇撤廃、米国側から見た不公正貿易是正など)対中交渉のカードに使うこともできるため、バイデン氏にとってトランプ氏が残した関税は贈り物だ」と述べた…

    残り853文字(全文1335文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事