国際・政治論壇・論調

政権入り目指す独「緑の党」 現実路線に反発も強まる=熊谷徹

    ドイツ・ブランデンブルク州に設置された風力発電施設。緑の党は再生可能エネルギーの拡充を訴える(Bloomberg)
    ドイツ・ブランデンブルク州に設置された風力発電施設。緑の党は再生可能エネルギーの拡充を訴える(Bloomberg)

     ドイツの環境保護政党・緑の党は、11月20日から3日間にわたりオンライン党大会を開き、政策綱領を採択した。現在支持率が第2位の緑の党は、来年秋の連邦議会選挙(総選挙)で政権に参加すると見られているため、欧州メディアは政策綱領の内容を詳しく報じた。

     リベラルな読者に人気があるドイツの週刊新聞『ツァイト』は11月21日付電子版で、ベアボック共同党首の「2021年に新たな時代をスタートさせる。我々は奇跡を起こすことができる」という発言を引用し、同党が総選挙で権力の座に就くことを狙っていると報じた。今年11月の支持率調査によると、緑の党への支持率は20%で、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU=36%)に次いで第2位。このため両党が連立政権を樹立するという見方が有力だ。

     ツァイトは、「緑の党は今回採択した政策綱領の中で、戦後ドイツの経済原則である社会的市場経済を、エコロジー重視の社会的市場経済に変換するという目標を掲げた。彼らはメルケル政権が再生可能エネルギーの拡大にブレーキをかけているとして、政権に就いた場合には経済のグリーン化に拍車をかける方針だ」と伝えている。

    残り888文字(全文1377文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事