教養・歴史アートな時間

映画 無頼 裏社会から見た歴史大河ドラマ 8年ぶり新作に真骨頂を見る=寺脇研

「井筒カントク」のキャラクターでコメンテーターやタレントとして活躍する姿を目にする機会が多いだろうが、それはあくまで一面でしかない。本業は映画だ。『二代目はクリスチャン』(1985年)、『岸和田少年愚連隊』(96年)、そして毎日映画コンクール最優秀作品賞受賞の『パッチギ!』(2005年)……。井筒和幸は、れっきとした日本映画を代表する監督のひとりなのである。

 そんな作り手でもなかなか映画を撮れないのが、わが映画界の寂しい状況で、同世代の観客であるわたしには口惜しかった。なんとこれが8年ぶりになる。45年間で30本を超える作品を送り出した監督生活で、こんなに長いブランクはなかった。

残り957文字(全文1250文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事