教養・歴史アートな時間

舞台 初春大歌舞伎 仮名手本忠臣蔵 祇園一力茶屋の場=小玉祥子

七段目 祇園一力茶屋(平成28年11月国立劇場)提供/国立劇場
七段目 祇園一力茶屋(平成28年11月国立劇場)提供/国立劇場

柄の大きさと洒脱な色気 あたり役の中村吉右衛門を堪能

 播州赤穂藩元家老の大石内蔵助が浪士を率いて、切腹となった主君、浅野内匠頭の敵、吉良上野介を討った元禄15(1703)年のあだ討ち事件は評判となり、題材にした人形浄瑠璃や歌舞伎作品が次々と誕生した。その決定版「仮名手本忠臣蔵」は、寛延元(1748)年に人形浄瑠璃として初演され、歌舞伎でも人気演目となった。作中で大石は大星由良之助(おおぼしゆらのすけ)、内匠頭は塩冶判官(えんやはんがん)、上野介は高(こうの)師直(もろのお)と名を改められている。

 1月の東京・歌舞伎座「初春大歌舞伎」第2部では全十一段からなるその「仮名手本忠臣蔵」の七段目「祇園一力茶屋」が上演されている。大星は敵(かたき)討ちの本心を隠し、京都・祇園町の一力茶屋で遊興にふけっていた。

残り944文字(全文1298文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事