【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治論壇・論調

第2波抑え込み失敗のドイツ 対策取らねば「欧州の問題児」に=熊谷徹

ロックダウンの強化を前に、店舗に並ぶドイツ・ベルリン市民(Bloomberg)
ロックダウンの強化を前に、店舗に並ぶドイツ・ベルリン市民(Bloomberg)

 ドイツ政府は新型コロナウイルス感染者の急増に歯止めをかけるため、2020年12月16日から約1カ月にわたり、ロックダウンを強化した。20年春の第1波で「欧州のコロナ対策の優等生」と言われたドイツもウイルス抑え込みに失敗した。

 ドイツの保守系日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)』は12月14日付紙面で「メルケル首相と16の州政府の首相たちは、オンライン会議でロックダウン強化を決定。食料品店や薬局を除く商店の営業を禁止し、学校と託児所も閉鎖する。午後9時から午前5時までは原則として外出が禁止される。家庭内での会食では、クリスマスの祭日を除き、原則として参加者数を5人に制限する」と報じた。

 ドイツでは10月下旬から1日の新規感染者数が急増し、11月には2万人を超える日もあった。12月8日には590人が死亡した。

残り1017文字(全文1381文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事