国際・政治論壇・論調

第2波抑え込み失敗のドイツ 対策取らねば「欧州の問題児」に=熊谷徹

    ロックダウンの強化を前に、店舗に並ぶドイツ・ベルリン市民(Bloomberg)
    ロックダウンの強化を前に、店舗に並ぶドイツ・ベルリン市民(Bloomberg)

     ドイツ政府は新型コロナウイルス感染者の急増に歯止めをかけるため、2020年12月16日から約1カ月にわたり、ロックダウンを強化した。20年春の第1波で「欧州のコロナ対策の優等生」と言われたドイツもウイルス抑え込みに失敗した。

     ドイツの保守系日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)』は12月14日付紙面で「メルケル首相と16の州政府の首相たちは、オンライン会議でロックダウン強化を決定。食料品店や薬局を除く商店の営業を禁止し、学校と託児所も閉鎖する。午後9時から午前5時までは原則として外出が禁止される。家庭内での会食では、クリスマスの祭日を除き、原則として参加者数を5人に制限する」と報じた。

     ドイツでは10月下旬から1日の新規感染者数が急増し、11月には2万人を超える日もあった。12月8日には590人が死亡した。

    残り1017文字(全文1381文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月1日号

    需要大爆発 半導体 メタバース、グリーン、デジタル14 業界予測超える新次元成長 日本の期待は装置・材料 ■村田 晋一郎/斎藤 信世17 需要が爆発 世界的なデジタル、グリーン化 ■南川 明20 不足解消は? 最短22年春も常態化の懸念 ■戸澤 正紀21 インタビュー 貝沼 由久 ミネベアミツミ会長 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事