教養・歴史書評

絶対に行くことはないけれど 未知の南極事情に興味津々=高部知子

    『あしたの南極学』
    『あしたの南極学』

    ×月×日

     私は子どもの頃から日本国内の旅が好きで、同じ金額を使うなら海外よりも国内温泉旅行を豪華にしたいタイプ。しかし未知の国の生活様式を知るのは大好きである。だから、生涯訪れることのないような国のトイレ事情に詳しかったりする。例えば南極。宝くじに当たっても絶対に行かないであろう場所。それなのに今まで何冊、南極の本を読んだことか。で、『あしたの南極学 極地観測から考える人類と自然の未来』(神沼克伊著、青土社、2200円)。

     今から半世紀以上前、まだ南極には船で2カ月以上かけて(しかも片道だけで!)行かなければならなかった頃から15回行き、2回越冬も経験している研究者のお話。知らないことが満載だ。ビックリしたのは南極には既に、幼稚園や小学校、スーパー、郵便局や銀行までそろっており、「南極ベビー」も誕生していること。小学校の先生は「隊員」ではなく「先生」として南極に暮らしているとは、たくましすぎる赴任地だ。

    残り951文字(全文1358文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事