【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史書評

『われらが〈無意識〉なる韓国』 四方田犬彦著 作品社 2700円

『われらが〈無意識〉なる韓国』 四方田犬彦著 作品社 2700円

 映画誌・比較文化研究家の著者には100冊以上の著書がある。韓国をめぐる本だけでも相当な数にのぼるが、40年間、韓国を注視し続けてきた著者による最新刊が本書だ。今回のテーマは「無意識」。韓国にとって日本が常に意識の水面に浮かぶ氷塊であるのと対照的に、日本にとって韓国は深い無意識に潜んでいると見る。多くの日本人が無自覚なだけで、何か起きた時に浮上する韓国こそ、日本のあるべき方向を示してくれる貴重な存在なのだ。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事