教養・歴史アートな時間

映画 KCIA 南山(ナムサン)の部長たち 政治に切り込み、娯楽目線も軍事独裁政権の悲劇描く意欲作=寺脇研

     せっかくの秀作なのに、この日本公開題名はなんとかならないのだろうか。まずKCIAだ。正式には「大韓民国中央情報部」で、K(コリア)のCIAといえば想像はつくが、1961年から81年まで存在した過去の遺物である。

     もっとわからないのは「南山の部長たち」だろう。この機関の所在地はソウル市の中央に位置する南山で、警視庁が「桜田門」と呼ばれるように「南山」と通称されていた。

     なにしろ現在の北朝鮮とそう変わらない軍事独裁政権時代の組織ゆえ本家CIA以上に冷酷で残酷、拷問はむろん73年に日本で起きた金大中(キムデジュン)拉致事件のような他国内での荒技も平気だ。

    残り958文字(全文1236文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事