国際・政治ワシントンDC

詐欺、ウェブ予約パンク…… ワクチン供給で混乱=井上祐介

    長時間待つことを見越して(カリフォルニア州のワクチン接種会場)(Bloomberg)
    長時間待つことを見越して(カリフォルニア州のワクチン接種会場)(Bloomberg)

     米国では昨年12月半ばから新型コロナウイルスのワクチン接種が開始された。まずは医療従事者及び介護施設の入居者から始まり、次に警察・消防、教育関係者、食料品店の従業員など日常生活を支える仕事をしているエッセンシャルワーカーや高齢者など、対象範囲が段階的に広げられている。筆者の住む自治体では優先対象者に接種の事前登録を促しており、供給が可能になった段階で病院の予約を調整する仕組みだ。

     ただ、接種は計画通りには進んでいない。当初、政府は2020年末までに2000万人の接種を済ませると宣言した。しかし、1月15日時点で1200万人超にとどまっている。連邦政府、州政府や地方自治体、病院などの連携が機能していないのだ。

    残り988文字(全文1296文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事