【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治論壇・論調

封じ込め困難なポピュリズム 米議会乱入に欧州も失望=熊谷徹

米議会乱入事件は世界に衝撃を与えた(Bloomberg)
米議会乱入事件は世界に衝撃を与えた(Bloomberg)

 トランプ米大統領の支持者ら数千人が1月6日にワシントンの議会議事堂に乱入し、5人の死者が出た事件について、欧州のメディアでは改めて「米国の民主主義の危機」を強調する論調が目立った。

 ドイツの週刊誌『シュピーゲル』は1月7日付電子版で、「シュタインマイヤー大統領は『議事堂という民主主義の心臓部を攻撃した暴徒たちは、現職の大統領によって扇動された。この事件は、大統領がうそと憎しみを繰り返しばらまいた結果だ』と述べ、トランプ大統領が乱入事件に直接の責任があるという見方を打ち出した」と報じた。

 シュタインマイヤー大統領は「権力のスムーズな移譲は民主主義の基本だが、トランプ大統領はバイデン候補の勝利を否定し続けることで、この常識を無視した」と批判した。シュピーゲルは「シュタインマイヤー大統領は、昨年8月にベルリンでも、ドイツの極右団体のメンバーがベルリンの連邦議会議事堂に突入を試みた事件に言及し、『ワシントンの事件は扇動、うそ、暴力が民主主義を危険にさらすという教訓を我々に与えている』と…

残り933文字(全文1379文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事