国際・政治論壇・論調

予測可能性失った米国 経済救うのは政治の安定=岩田太郎

    米ワシントンは緊張感に包まれている(Bloomberg)
    米ワシントンは緊張感に包まれている(Bloomberg)

     バイデン新大統領の就任に合わせて、新政権が直面する経済問題やその処方箋が米論壇で議論されている。

     エール大学のシニアフェローであるスティーブン・ローチ氏は1月11日に経済専門局CNBCの番組に出演し、「2020年11月の小売りの売り上げの急落や消費者景況感の悪化、12月の予想以上の失業率の上昇など、米経済はわれわれの眼前で滑り落ちている。新型コロナウイルスの感染防止のための都市封鎖(ロックダウン)の悪影響などもあり、1~3月期の米国内総生産(GDP)は前年比5%前後落ち込むだろう」と予想した。

     またローチ氏は、「史上最悪規模となった財政赤字は(コロナ追加対策などで)さらに膨らみ、ドルの価値を下落させ、貯蓄率も押し下げるだろう」と述べた。

    残り1017文字(全文1340文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事