教養・歴史書評

読書日記 イタリアに残る独自文化を「おいしく料理」してみせる=楊逸

    ×月×日

     落ち着きつつあった新型コロナウイルス禍は、年末の忘年会シーズンになると一転、「想定外の感染拡大」へと発展し、「緊急事態宣言」が再発令された。家族との団らんをあきらめ、お正月を一人寂しく過ごした人も多いだろう。

     私の「一人正月」を癒やしてくれたのは、現代人ではあまり望めないようなぜいたくをそれぞれの物語に盛り込んだ短編集『海と山のオムレツ』(カルミネ・アバーテ著、関口英子訳、新潮クレスト・ブックス、1900円)だった。

     イタリア南部やシチリア島には、15~18世紀にオスマン帝国の圧政から逃れてきたアルバニア人たちが作った「アルバレシュ」と呼ばれる村が点在する。そんな村の一つに育った著者のアバーテ氏は、食をキーワードにアルバレシュ文化の原風景を「おいしく料理」してみせる。

    残り978文字(全文1321文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事