教養・歴史アートな時間

映画 あのこは貴族 境遇の異なる2人が出会う 女性による女性のための作品=野島孝一

 新型コロナウイルス禍の中で貧富の格差が広がり、女性の雇用がしわ寄せを受けている。そんな昨今、境遇がまったく異なる2人の女性が登場する映画「あのこは貴族」が公開される。門脇麦と水原希子が主演。フレッシュな顔ぶれの作品だ。原作は山内マリコ。彼女の小説はこれまで「アズミ・ハルコは行方不明」(2016年)、「ここは退屈迎えに来て」(18年)が映画化されている。

「あのこは貴族」の監督は岨手(そで)由貴子。岨手監督はマンネリの恋人が妊娠をきっかけに結婚する「グッド・ストライプス」(15年)で新藤兼人賞を受賞するなどして注目された。原作、監督、主演女優の分野で女性たちががっちりタッグを組んだ女性のための映画だ。

残り889文字(全文1192文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事