国際・政治論壇・論調

独でコロナ予防接種に遅れ メルケル政権に高まる批判=熊谷徹

市民へのワクチン接種が遅れるドイツ(Bloomberg)
市民へのワクチン接種が遅れるドイツ(Bloomberg)

 コロナワクチン開発国の一つであるドイツで、市民への投与が米英に比べて遅れていることについて、同国の政界や論壇では激しい論戦が起きている。

 ドイツでは2月3日の時点で少なくとも1回ワクチンの投与を受けた市民の比率が2・3%で、イスラエル(36・6%)、英国(13・7%)、米国(7・8%)などに比べて大幅に遅れている。欧州連合(EU)は、昨年8月以降、ドイツなど加盟国のためにメーカー6社から約23億本のワクチンを購入する契約を結んだ。

 ドイツの日刊紙『ヴェルト』の1月29日付電子版によると、バイエルン州政府のゼーダー首相は、「ワクチン不足の原因は、EUによる発注が遅すぎたことと、発注が一部のメーカーに偏っていたことだ。もっと早く注文していれば、メーカーは生産キャパシティーを早期に増やしていたはずだ。EUのミスのために、供給が滞って、病院や予防接種センターでのワクチン投与を延期せざるを得ない事態になっている。EUとドイツ連邦政府…

残り946文字(全文1364文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事