国際・政治論壇・論調

米中首脳が初の電話協議 バイデン氏、人権弾圧を懸念=坂東賢治

バイデン氏は習氏との「個人的な関係」を生かしたい考えがありそうだ(Bloomberg)
バイデン氏は習氏との「個人的な関係」を生かしたい考えがありそうだ(Bloomberg)

 バイデン米大統領が春節(旧正月)を前にした2月10日、習近平中国国家主席との初の電話協議を行った。欧州や日韓豪印など連携を想定する各国首脳との協議を終えた上で「最も重大な競争相手」と位置づける中国首脳と向かい合う形を取った。

 ホワイトハウスの簡潔な発表文は、中国による不公正な貿易慣行や、香港やウイグル、チベットでの人権弾圧に毅然(きぜん)と立ち向かったと強調していた。『ニューヨーク・タイムズ』(2月10日)は「二人の指導者はオバマ時代に友好的関係を結んだが、今は幅広い対立点に直面している」と指摘した。

 一方、新華社を通じた中国側の発表は対立点には触れず、春節へのバイデン氏の祝意を強調した。人民日報系の『環球時報』は社説(2月11日)で「最も重要なことは電話のタイミングだ」と位置づけた。

残り992文字(全文1340文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事